水溜まり。

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | RECOMMEND | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
日暮れ


定まらない歩行で
回りながら空を見る
葉の隙間からは陽が細く
道を照らして

弾む
スニーカーから
砂利の音が風と混ざり合い
夏が少しだけ
目を閉じる

わたしたち
ちいさく笑って
韻を失う
おいてけぼりの鼻唄に
手を伸ばしたら
始まる季節に
夢を見たい
なんて


ぱん、と、
空を割る音
山のずっと、向こう側
入道雲が
輪郭からはみ出るようにして
咲いている

咲いている


ふとした弾みの
なにげない
波紋に触れて

明くる日にも
わたしたちきっと
揺られたままでいたいから

いつももうすこし、
なんて言葉だけを両腕に抱えて

陽が
落ちていくように
その裏側へ
わたしたちでいつか
落ちていきたい

染る頬から
ほつれた思いを
束ねるように
わたしとあなたで
目を閉じて



















| 18:16 | | comments(3) |
スポンサーサイト
| 18:16 | - | - |
Comment








Thanksです。
posted by 睡蓮 | 2010/09/21 11:35 PM |
睡蓮さんこんばんは。
なかなか返信できずごめんなさい。

お話の件ですが、基本的にわたしの作品は著作権フリーみたいなものだので、どうぞどうぞ、好きにしてください。

posted by mi | 2010/09/21 12:28 AM |
こんにちは
今日はお願いがあって来ました。

黒木さんの『祈り』という作品を、自分のHPに「気に入った作品」として載せたいと思うのですが、よろしいでしょうか。載せるとは言っても、こちらのブログにリンクさせる形を取ります。
突然ですみませんが、返信をいただればと思います。
posted by 睡蓮 | 2010/09/16 9:28 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>