水溜まり。

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | RECOMMEND | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
note.1- 貝殻を見つけて


。 
 。


(( 波打ち際を歩いていたら、楕円形の貝殻を拾ったよ。内側に当たる部分が少し窪んでいて、背中には凹凸ひとつなくて、歳月の輪郭はどことなく、やさしさに似ているね。波音が少しだけ大きくなったと思ったら、わたし、知らず知らず海の方へ傾いてしまって。カラスが二羽、すぐ近くを歩いていたのに、もうとても小さな点になってしまったよ。 


足の指と指の間から砂が、ひねり出るようにして水に溶けて消えていく。
振り向いて、つい確かめてしまう。
砂紋の山を潰してきた足跡が、返す波と一緒に少しずつ崩れていく。


 ――水平線の向こう、


風が吹いて、光が揺れる。遠くの積乱雲の白色が空の青色を半分以上覆って、数羽いたうちのカモメがまた一羽減っている。残りのカモメは、雲の白と同化しそうな距離で浮いたまま、
わたしはどんどんと海の方へ歩いている。つめたい。あたたかいが一緒になって、からだを包んでいく。段々と重みをなくして、カモメを見つめている。カモメはずっと浮いている。背後には積乱雲が迫っていて、まばたきの一瞬に消えてしまいそうなほど空は白くなっていく。このまま、わたしもカモメのように浮いていたいと思っていた。
けれどつめたいも、あたたかいも、胸元までくるころにはぜんぶ、なくなってしまっていた。


(( 波が大きく寄せて膝を濡らしたから、それでまた意識が戻って、手に持っていたはずの貝殻が見当たらないからポケットの中ひっくり返してみたら、何かが波の中に落ちて小さく飛沫を上げて、でもよく見たらそれも貝殻でね、わたし、一体何回拾ったんだろうって。もう空はすっかりと夕色になっていたから、今度は連れて行かれないようにって、貝殻の先の尖ったところを、ずっと触っていたんだよ。

(( カラスが、いつの間にかまたすぐ近くまでやってきていて、羽、意外に近くで見ると綺麗なんだね。夕日を遮るものがなにもなくてさ、雲、あんなに大きかった雲が夕陽を始点にぜんぶこっちに引き伸ばされて。すごく、眩しかった。それからなにもかも、眩しく見えてしまって、


砂を、一握り掴んでから波で洗うと、
手のひらに残った白色の小石が、沈んでいく陽の光に反射してきらきらと瞬いていた。
視界の端で、黒い影が二羽飛び立って夕陽とは反対方向へ向かっていく。
足元を見ればわたしは裸足のままで、靴の置き場所を、もと来た場所を忘れてしまっていた。

二羽の背中はどんどんと小さくなって、頭上付近では群青色の空に、夜が触れ辺りを紫色に染めていた。

少し、ゆびさきが痛んだ。貝殻の先が、欠けてしまっていたから、
波の中に落としてももう、さっきよりも薄暗くて、何も見えなかった。


(( また会おうねって言えないから、だからさようなら、また明日って。もう少し素直で居られたら、良かったのにね、

(( だから貝殻、また見つけたら、今度はたいせつにしまっておくよ。きっといつかまた会おうねって、貝殻、渡せるように。



波音に混ざるように、歌をうたった。
裸足のまま、帰る道を探しながら、空には星がいくつか瞬いて、それはとても綺麗で、
うたは波音のようにはなれなかったけれど、それでも誰もなにも言わなかった。
わたしはひとりで、わたしはそれを、わかっていたから。
歌をうたった。
波音のようにやさしく、歌をうたった。





  。 
   。
































| 12:43 | 散文 | comments(0) |
スポンサーサイト
| 12:43 | - | - |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>