水溜まり。

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | RECOMMEND | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
KKK一回目 ー 『プロポーズ』
実は以前から、気に入った、気になった作品をファイルに収めて、オリジナル詩集を作っていたのですが、今回、自らの為少しずつ感想を書いていこうと思い、この文章を書いています。
カテゴリの名前のKKKは、香瀬さんがblog内で行っている小考シリーズからパクったものです(ごめんなさい)。
感想の投稿順番は気分なので、1ページずつというわけではありません。とくに意味もありません。それでは、
 
1ページ目
 
作者名:りす 
題名 『プロポーズ』
 
 
この作品は、りす、という詩人を好きになるきっかけになった作品で、「詩」というものへの面白さを凄く強く感じた作品でもありました。
この作品を読んで感じるのが、とにかく面白い、という感想なんですが、その面白さの理由は、ひょうきんな語りが、素晴らしいほど淀みなく流れていくこと、と、深く繋がっている気がしました。なんとなくですが。
冒頭付近、
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
君の相槌の品揃えは、帝国ホテルのコンシェルジュみたいに完璧だ。僕の言葉は砂漠に降る雨のように、君の相槌に吸収されてしまう。だから僕は君の体内のどこかに、僕の名前を冠した瑞々しいオアシスがあるんじゃないかと常々思っているんだ。
 
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帝国ホテルのコンシェルジュのような相槌、というわかりやすく、且つ、読者の心を掴むこのさりげない表現、こういったさりげないけれど、しっかりと(これまたさりげなく)心を掴む表現を文章の中に織り込むことによって、改行の一切ない、ぎっしりと詰め込まれた文章を最後まで面白く読ませることに成功しているんだろうな、と思う。
飽き症のわたしが、何度読んでも面白いと感じるのには、そこらへんの理由からであろうか。
この作品の良さは、”親しみやすさ”みたいなものもあるのではないかとも思う、しかもこれもやはりさりげない。さりげない、ということが詩にとっていかに大切なのか、よくわかる作品だなとも感じたり。
以下先程の続きから、
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
それにしても、今日に限ってどうも会話が食い違う。どうやら、僕はニ槽式洗濯機について話しているのに、君の頭には全自動洗濯機しか浮かんでいないようなのだ。脱水槽が回転しない、という状況を理解させるのに、貨物列車が五本も通過していった。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日に限って、という部分も、さらり読み流してしまうところだけれど、とてもさりげなくて良い所だと思う。
実際、プロポーズをしようと考えているとして、そのプロポーズまでのプロセスというのはとても大事なことだとわたしは思う、でも、そういう風に下手に変な意識をしてしまうと、会話というものは逆に上手くいかないもので、その変な意識のせいなのか、今日に限って、と、なるのかなと、思える。
こういう日常的な部分(”親しみのような”)の織り込み方も素晴らしい。好みの問題なのだろうけれど、わたしはこういうわかりやすく、でも幾重にも工夫がされてあり、尚且つそれが自然な形で見えている作品はとても好きだし、勉強になると思う。
以下、少し飛んで続き、
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
シェイプアップしたいの、と君が言うから、わざわざ歩道橋なんて前近代的な迂回路を選んだのはいいが、どうにも階段の数が多すぎはしないか。歩道橋の途中に自販機を置けばいいのに、という君の本末転倒な提案にも、そこそこの市場価値はあると思うよ。だけど、最初から踏切を渡れば良かった、なんて愚痴を言うつもりはない。
君を見習って、これからは提案型の人生を送ろうと思ってるんだ。君は今、ニ槽式洗濯機の説明を求めている。説明なんて回りくどいことはやめにして、この際、結婚しようじゃないか。結婚して僕の洗濯機で、君が自分の下着を洗ってみれば、すべては一瞬に了解されるんじゃないか?だからさ、結婚しよう。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんなプロポーズの仕方があっても良いと思う。
この作品を読んでいる時、わたしは終始にやけてしまう。呆れるほど素晴らしい流れでプロポーズをしている。
しかも、一見かなりふざけた理由だけれど、案外説得力があり、感心してしまう。シェイプアップしたいの、と言っておきながら自販機で飲み物を買いたい的なことを言っている彼女に対して、ツッコミを入れず、それを見習って提案型の人生を送ろうと思ってるんだ。と言う僕の気の利きようにはとにかく感心するばかりで。
漫画の場合、作品を成功させる要素として、読み手に登場人物を好きになってもらう、というのがあるけれど、詩の場合も(とくにこういった人物の性格が出る形のもの)、それが言えるのではないかと思う。
この作品を読んでいて、「僕」という人物にすごく好感を抱く。んで、
それもこの作品の面白さに繋がっているんだなと思う。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
そういえばこの間、眼鏡を縁なしに変えようか、なんて悩んでたよね。そんなの結婚しちゃえば、すぐ解決することだよ。ウェディングドレスに眼鏡は似合わないから、コンタクトにするしかないだろう?だから二人でニ槽式洗濯機のある生活をしてみようじゃないか。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実際に、こんな理由で、自身たっぷりにさらっと結婚しようと言うのは難しいのではないか、と思うのだけれど、
そこをさらっと言っていくところがまた面白いところだとおもう。
そういう語りに成功しているんだと、思う。
 
わたしの勝手な考えだけれど、こういう作品のメリットって、つまりはそういう所なのかな?と思ったり。
もちろん、しっかり繋げて面白く組み立てるのは大変かもしれないけれど。
散文と、そうでない詩、どちらも書いているわたしだけれど、この作品を読むと、こういうの書いてみたいなぁなんて思って、書き途中の作品置いておいて新しく書きはじめたりするけれど、なかなか上手くいかず、途中で止まって、また別の書いて〜ってやってると、あれ?何書きたいんだっけ、と悩んでしまう。
そういう時でも、なんでも、この作品を読むと詩っていいなって思える。オリジナルファイルを作るきっかけにもなった作品でもあって、とにかく好きな作品です、というお話でした。
それでは、行き当たりばったりの文章でしたが、今回はこれにて、
記念すべき1ページ目見開き部分の、『プロポーズ』の感想を終わりにします。

以下全文
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
『プロポーズ』
 
歩道橋が長すぎるので途中で諦めて、壊れた洗濯機の話をする。眼下を灯りのない貨物列車がいつまでも通り過ぎて行く。君は厚い眼鏡をハンカチで拭きながら熱心に相槌を打ってくれる。君の相槌の品揃えは、帝国ホテルのコンシェルジュみたいに完璧だ。僕の言葉は砂漠に降る雨のように、君の相槌に吸収されてしまう。だから僕は君の体内のどこかに、僕の名前を冠した瑞々しいオアシスがあるんじゃないかと常々思っているんだ。それにしても、今日に限ってどうも会話が食い違う。どうやら、僕は二槽式洗濯機について話しているのに、君の頭には全自動洗濯機しか浮かんでいないようなのだ。脱水槽が回転しない、という状況を理解させるのに、貨物列車が五本も通過していった。でもこの程度の食い違いは、君が眉間に皺を寄せて器量を損なうほど、深刻なことではないんだ。マーガリンとバターのように、片方を知らなければ、どっちがどっちでもいいような代物だ。そんな些細な錯誤はこの、長すぎる歩道橋に比べればたいした問題ではない。シェイプアップしたいの、と君が言うから、わざわざ歩道橋なんて前近代的な迂回路を選んだのはいいが、どうにも階段の数が多すぎはしないか。歩道橋の途中に自販機を置けばいいのに、という君の本末転倒な提案にも、そこそこの市場価値はあると思うよ。だけど、最初から踏切を渡れば良かった、なんて愚痴を言うつもりはない。君を見習って、これからは提案型の人生を送ろうと思ってるんだ。君は今、二槽式洗濯機の説明を求めている。説明なんて回りくどいことはやめにして、この際、結婚しようじゃないか。結婚して僕の洗濯機で、君が自分の下着を洗ってみれば、すべては一瞬に了解されるんじゃないか?だからさ、結婚しよう。僕が二槽式洗濯機の柔軟な使い勝手についてくどくど説明すれば、へえ、とか、ふーん、とか、むむむ、とか、君の相槌の訓練にはなるかもしれないが、最近わざわざ全自動洗濯機から二槽式洗濯機に買い換えた、うちの母親の気持ちは一生理解できないだろう。いや別に母親と同居してほしいと言ってるわけじゃないし、安易な文明化に警鐘を鳴らしているわけでもない。ましてや、洗濯と選択の掛詞で恋のボディーブローを狙ってる訳でもない。文明化、大いに結構。スローライフ、断固反対。ところで最近、やけに貨物列車が増えたと思わないか?気のせいなんかじゃなくて、実際に増えてるんだよ。この理由をくどくど説明すると、君のオアシスが溢れてしまうから止めておくけど、ほら、あそこに見えるのが越谷ターミナルだよ。あそこは、たくさんのコンテナがお迎えを待っている幼稚園みたいな所だ。そんな切ない場所だから、人目につかない田舎に貨物ターミナルはあるんだ。結局、僕が言いたいのは、この際、君の心を脱水槽に放り込んでしまったらいい、ってことなんだ。いつまで君は洗濯槽の中でぐるぐる回ってるんだ、ってことなんだ。そういえばこの間、眼鏡を縁なしに変えようか、なんて悩んでたよね。そんなの結婚しちゃえば、すぐ解決することだよ。ウェディングドレスに眼鏡は似合わないから、コンタクトにするしかないだろう?だから二人で二槽式洗濯機のある生活をしてみようじゃないか。踏切より歩道橋を選んでしまう君は、きっとすぐに気に入ると思うよ。でも、さっきも話したように、肝心の脱水槽が壊れているんだ。だから今しばらくは、君の体内のオアシスが枯れてしまわないように、遠回りするデートをこのまま、続けていくしかないと思ってるんだよ
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
| 15:01 | KKK | comments(4) |
スポンサーサイト
| 15:01 | - | - |
Comment








こんにちはりすさん!
返信さぼりまくっていました。ごめんなさい。
こんな文章が、りすさんの一筋の光になれたのなら、わたしとしても嬉しいです。
読んで下さりありがとうございます。
posted by 凪葉 | 2009/01/27 12:28 PM |
こんにちは、凪葉さん。
なんか、感動してしまいました。自分の書いたものが、人の心に残るって、なんか不思議ですね。最近、書くことの意味がまったくわからなくなっていたのですが、ひとすじの光が見えたような気がします。ありがとう、凪葉さん。

 caseさん、こんにちは。さすがに分析的なアプローチですね。確かに、この散文は、結構考えながら書いたんです、無い頭を絞ってね。だから、ちょっと柔軟でない部分が散見されて、懐かしい気分です。再び、こういう作風に回帰しようかなと、思ったり思わなかったり。 
posted by りす | 2009/01/20 12:08 AM |
かせさんさっそくありがとうございます!
「本屋にて」でのコメント返信公開しわすれてました!そちらもよろしければごかくにんを。
ちなみに、勝手に感想書いちゃった!であっています(笑)
というかかせさんの感想というか、小考にはあいかわらず驚きます。
でも、わかります。
この作品はいいですよねぇ。
posted by nagi | 2009/01/19 10:33 PM |
やっほい、nagiやん。
一発目のKKK,拝読しました。一発目にりす作品なんてすげぇな!とか思いながら読んだんですが、nagiさんの「この詩が好きだ!」という思いが伝わってきて柄にもなくほんわかしてしまいました。にゃはは。

わたしはこの「プロポーズ」という詩の<オアシス>と<脱水槽>の使い方が好きですね。

---quote---

結局、僕が言いたいのは、この際、君の心を脱水槽に放り込んでしまったらいい、ってことなんだ。いつまで君は洗濯槽の中でぐるぐる回ってるんだ、ってことなんだ。
[…]
でも、さっきも話したように、肝心の脱水槽が壊れているんだ。だから今しばらくは、君の体内のオアシスが枯れてしまわないように、遠回りするデートをこのまま、続けていくしかないと思ってるんだよ

---end_of_quote---

君の中が僕の言葉で潤って<オアシス>になる。けど、結婚することと君の心を<脱水槽>に放り込むこととが等値されてる。ので、プロポーズすることは君の中の僕(という水気)を脱水してしまうことになってしまう。この、一緒になりたい(結婚したい)という気持ちと、それが現状の関係を壊してしまうかもしれないという恐れとが、飄逸な文体でうやむやにされているのが素晴らしい。さいごの現状維持を肯定=諦念してしまうのも泣けますね。

実はKSK(って懐かしいな。(K)勝手に(S)小考(K)書いちゃった!でしたっけ?笑)を始める際、いろんな人がこんな風に好きな詩を好きなように語ってくれたらいいなぁという野望(笑)がありました。ですので、nagiさんのKKK(勝手に感想書いちゃった!かな?クー・クラックス・クランかと思ってちょとビビたです。あはは。)とってもとっても楽しかったです。次回も楽しみに待っております。ひっそりと。

それでは。長々と失礼しました。

かせこ
posted by case | 2009/01/19 7:12 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>