水溜まり。

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | RECOMMEND | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
KKK-2 「 かさなりつづける、朝に」
とても久しぶりのKKK2回目。気まぐれでその時その時の気分次第なので、スタイルは毎回違うかもしれません。

とりあえず、
以下本文。


作者 : 望月 ゆき
作品名:「かさなりつづける、朝に」

 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   枝分かれしていく 夜の
   長く、しなやかな腕は
   わたしを覆いながら それぞれ
   しだいにたわんで その先端からやがて
   着地し、朝に触れる
 
 
 
   不必要なほどに震える あなたの
   声と、指先が
   時折 わたしに刺さり
   痛みを上書きするので
   昨日の傷痕の理由さえ、もう
   思い出せない



   朝は ためらうことなく
   捨てられたすべてのものを
   回収していく
   そうやって世界は 美しく保たれる
   要るものも、要らないものも、



   わたしによって手折られた、枝を
   挿し木する所作で
   呼吸ははじまり、いつしか
   あなたが触れなかった その部分の
   体温だけが、ゆるく上昇していく
   そうして、うまれ続ける日々に あなたの
   「おはよう」の言葉さえ、
   単なる口癖にすぎなくなっていく


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


わたしの中で、うまく、言葉にできない作品に出会うと、すごいなって、思ったりするのだけれど、この作品が、まさにそれで、正直、うまく言えないのだけれど、はじめて読んだときに、詩の凄さのようなものを思ったりした。

詩を読むということを、思い、を掬いあげることとしてしまうところが、わたしにはあって、その、偏った観点からみると、この作品は、とても虚しく、かなしいきもちになる。

どうして、そんな風に感じるのか、少しだけ、考えてみた。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   枝分かれしていく 夜の
   長く、しなやかな腕は
   わたしを覆いながら それぞれ
   しだいにたわんで その先端からやがて
   着地し、朝に触れる



朝に、着地するのは、「わたし」ではなく、枝分かれしていく夜。「わたし」は、この一連ですでに、その光景を、どこか遠い瞳で見ているんだなって、思った。朝に触れられない、「わたし」を覆う、夜の、長く、しなやかな腕。

作品全体を見ていると、「わたし」があり、「あなた」が居て、その間にある世界、があって。
「わたし」と「あなた」との距離は、どのくらいだろう。近いのに、遠い、ような、そんな感じだろうか。



 
   不必要なほどに震える あなたの
   声と、指先が
   時折 わたしに刺さり
   痛みを上書きするので
   昨日の傷痕の理由さえ、もう
   思い出せない


上書き、されてしまったものは、パソコンなんかだと、前のデータはもちろん見ることはできないのだけれど、人はどうなんだろう。
作品の良し悪し、というものは正直なところ、わたしにはわからない。けれど、最初に言った、思いを掬いあげる、という観点で話すと、わたしの場合、掬いあげたものの受け皿が、予めわたしの中にあると、すんなりと読める、し、こころにすっと入ってきたりすると思う。良いな、と思える。
それは、わかりやすく言えば、共感、なんだろうけど、喜びも、悲しみも、なんでも、当たり前だけれど人それぞれだろうから、その共感のラインすら超えて、つまり、受け皿から溢れてしまうくらいの思い、だと、わたしの場合、言葉にすることができないんだと思う。
周波数、という風に考えたりもする。わたしの場合。
周波数が限りなく合うと、ノイズが消えて、はっきりとする。わたしの場合、それは主に、虚しさ、や、かなしさの周波数だったりする。とってもネガティブなことだけれど。もちろん、それは一方的なものだけれど。
でも、それは仕方がないけど。

話を戻して、人は、どうなんだろう、と思うとき、上書きされても、消えることって、たぶん、ないんだと思う。仮に、上書きされたのが、痛みではなく、別の、たとえば喜びといった負ではないものであったなら、もしかしたら、ということもあるかもしれないけれど。
上書きされるんではなくて、ほんとうは、傷痕の上に、痛み、は、重なっていくんじゃないだろうか、と思う。

この連でも、やっぱり、「わたし」は、遠い瞳で、痛みすらみつめているような気がする。
それは、マヒしていくことと、似ているのかな。朝に、かさなりつづけるのは、日々であり、痛み、でもあるわけだけど、
どんなことでも、つづいていけば、マヒ、したように、感情がゆらがなくなって、でも、ほんとうにマヒするわけではないから、ゆらぎは、ある。けど、そこまで辿りついてしまうと、人は、今度はどこに向かうんだろう。

思い出せない、と言う「わたし」のこころは、どこに?





   朝は ためらうことなく
   捨てられたすべてのものを
   回収していく
   そうやって世界は 美しく保たれる
   要るものも、要らないものも、


朝は美しい、と思うとき、そこにはなにがあるのか、思いを巡らせてみた。
朝、の象徴は、シンプルに考えれば、ひかり、つまりは朝陽なんだろうと、思う。時々、朝陽を見ていると、なにもかも、持っていかれてしまったような、そんな、きもちになることがあって、だから、この連の、回収していく、というのは、なんだかすごくわたしに馴染んだ。

捨てられたものは、たとえば何だろう?
「わたし」の内側だけではなく、すべての、世界のすべての、捨てられたもの。なんだかそんな気がしてならない、のはなぜだろう。

もしかしたらほんとうは、回収するのは、朝ではなくて、「わたし」であるのかもしれない。
夜勤ではなく、仕事でも、もちろん学校でも、なんでも、朝ははじまりであることが多いと思う。はじまる朝に、人は、無意識のうちに、その朝をはじめるために、夜の間、ちらかした思いや、憂い、喜びも、すべて、回収しているんじゃないだろうか。要るものも、要らないものも。
と思ったりもする。

そうやって、保たれる世界は、美しい、のかは、きっと、だれにも、わからないんだろうな。





   わたしによって手折られた、枝を
   挿し木する所作で
   呼吸ははじまり、いつしか
   あなたが触れなかった その部分の
   体温だけが、ゆるく上昇していく
   そうして、うまれ続ける日々に あなたの
   「おはよう」の言葉さえ、
   単なる口癖にすぎなくなっていく



呼吸、というのは、生きているものすべてがするものだけれど、この、「呼吸」は、息を吸い、吐く、といったものだけの意味ではなく、その本質の、生きていく、というものも含まれるような気がする。
そんな風に考えると、「わたし」の「呼吸」は、「わたし」によって手折られた枝を、挿し木する所作でしか、できない、という、息苦しさのようなものが、見えてくる。(文のまんまだけれど)

「あなた」が触れなかった"その部分"は、どの部分なのか、というのは、もしかしたらその、「呼吸」、の仕方から、遡ったところにある、深い、ふかいところなのか、な。とわたしは思ったり。

そうして、うまれ続ける日々、とは、今までの連も含まれてるんだろうな、とてもわかりやすい。と思う。

最初からずっと言っていた、遠い瞳、という言い方をしていたものが、この連で確かなものになっているような気がする。つまり、
「おはよう」の言葉さえ、
単なる口癖にすぎなくなっていく
ということなんだろうな。
かさなりつづける、朝に、うまれたもの、そのことを考えると、うまく、言葉にできないきもちになったり、する。のはわたし、だけか。最終連、かなりネガティブに捉えてしまっているなと、自分でも思いつつ。


日々も、かさなりつづけたら、いつか、耐えられない重さになるのか、と、そんなことにまで、なんだか思いが巡ってしまって、だからなのか、とても、とても虚しく、果てないもののように、思うのか、


この作品は、難しい言葉なんて、なくて、言葉ひとつ、ひとつが、とても強く、芯がある。と思う。
さんざん、いろいろ感想を言ったけれど、言葉は、なぜかゆらいでいない。
ある意味で、それがとてもこわい。
こわいくらいに、かなしい。と言うのは、ちょっと言いすぎだけれど。

わたしの中に、ふかく、ふかく沈んでいくような、そんな作品。
思いは、どこにいくのか、なんだかぽかりとしてしまう。

望月ゆきさんのしなやかな感性と言葉の強さに、圧倒されてしまう。
ほんとうに、溜息がでてしまうほどに、好きな作品です。

と、いうことで、めちゃくちゃな文章ですがこの辺で。
もし、でなくてもいいのですが、
文句でもなんでも、それどうなのよ?とかでも、(見ている人がいたら)なにかあったら気軽に言ってくださいね。
では、では。


| 18:57 | KKK | comments(2) |
KKK一回目 ー 『プロポーズ』
実は以前から、気に入った、気になった作品をファイルに収めて、オリジナル詩集を作っていたのですが、今回、自らの為少しずつ感想を書いていこうと思い、この文章を書いています。
カテゴリの名前のKKKは、香瀬さんがblog内で行っている小考シリーズからパクったものです(ごめんなさい)。
感想の投稿順番は気分なので、1ページずつというわけではありません。とくに意味もありません。それでは、
 
1ページ目
 
作者名:りす 
題名 『プロポーズ』
 
 
この作品は、りす、という詩人を好きになるきっかけになった作品で、「詩」というものへの面白さを凄く強く感じた作品でもありました。
この作品を読んで感じるのが、とにかく面白い、という感想なんですが、その面白さの理由は、ひょうきんな語りが、素晴らしいほど淀みなく流れていくこと、と、深く繋がっている気がしました。なんとなくですが。
冒頭付近、
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
君の相槌の品揃えは、帝国ホテルのコンシェルジュみたいに完璧だ。僕の言葉は砂漠に降る雨のように、君の相槌に吸収されてしまう。だから僕は君の体内のどこかに、僕の名前を冠した瑞々しいオアシスがあるんじゃないかと常々思っているんだ。
 
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帝国ホテルのコンシェルジュのような相槌、というわかりやすく、且つ、読者の心を掴むこのさりげない表現、こういったさりげないけれど、しっかりと(これまたさりげなく)心を掴む表現を文章の中に織り込むことによって、改行の一切ない、ぎっしりと詰め込まれた文章を最後まで面白く読ませることに成功しているんだろうな、と思う。
飽き症のわたしが、何度読んでも面白いと感じるのには、そこらへんの理由からであろうか。
この作品の良さは、”親しみやすさ”みたいなものもあるのではないかとも思う、しかもこれもやはりさりげない。さりげない、ということが詩にとっていかに大切なのか、よくわかる作品だなとも感じたり。
以下先程の続きから、
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
それにしても、今日に限ってどうも会話が食い違う。どうやら、僕はニ槽式洗濯機について話しているのに、君の頭には全自動洗濯機しか浮かんでいないようなのだ。脱水槽が回転しない、という状況を理解させるのに、貨物列車が五本も通過していった。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日に限って、という部分も、さらり読み流してしまうところだけれど、とてもさりげなくて良い所だと思う。
実際、プロポーズをしようと考えているとして、そのプロポーズまでのプロセスというのはとても大事なことだとわたしは思う、でも、そういう風に下手に変な意識をしてしまうと、会話というものは逆に上手くいかないもので、その変な意識のせいなのか、今日に限って、と、なるのかなと、思える。
こういう日常的な部分(”親しみのような”)の織り込み方も素晴らしい。好みの問題なのだろうけれど、わたしはこういうわかりやすく、でも幾重にも工夫がされてあり、尚且つそれが自然な形で見えている作品はとても好きだし、勉強になると思う。
以下、少し飛んで続き、
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
シェイプアップしたいの、と君が言うから、わざわざ歩道橋なんて前近代的な迂回路を選んだのはいいが、どうにも階段の数が多すぎはしないか。歩道橋の途中に自販機を置けばいいのに、という君の本末転倒な提案にも、そこそこの市場価値はあると思うよ。だけど、最初から踏切を渡れば良かった、なんて愚痴を言うつもりはない。
君を見習って、これからは提案型の人生を送ろうと思ってるんだ。君は今、ニ槽式洗濯機の説明を求めている。説明なんて回りくどいことはやめにして、この際、結婚しようじゃないか。結婚して僕の洗濯機で、君が自分の下着を洗ってみれば、すべては一瞬に了解されるんじゃないか?だからさ、結婚しよう。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんなプロポーズの仕方があっても良いと思う。
この作品を読んでいる時、わたしは終始にやけてしまう。呆れるほど素晴らしい流れでプロポーズをしている。
しかも、一見かなりふざけた理由だけれど、案外説得力があり、感心してしまう。シェイプアップしたいの、と言っておきながら自販機で飲み物を買いたい的なことを言っている彼女に対して、ツッコミを入れず、それを見習って提案型の人生を送ろうと思ってるんだ。と言う僕の気の利きようにはとにかく感心するばかりで。
漫画の場合、作品を成功させる要素として、読み手に登場人物を好きになってもらう、というのがあるけれど、詩の場合も(とくにこういった人物の性格が出る形のもの)、それが言えるのではないかと思う。
この作品を読んでいて、「僕」という人物にすごく好感を抱く。んで、
それもこの作品の面白さに繋がっているんだなと思う。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
そういえばこの間、眼鏡を縁なしに変えようか、なんて悩んでたよね。そんなの結婚しちゃえば、すぐ解決することだよ。ウェディングドレスに眼鏡は似合わないから、コンタクトにするしかないだろう?だから二人でニ槽式洗濯機のある生活をしてみようじゃないか。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実際に、こんな理由で、自身たっぷりにさらっと結婚しようと言うのは難しいのではないか、と思うのだけれど、
そこをさらっと言っていくところがまた面白いところだとおもう。
そういう語りに成功しているんだと、思う。
 
わたしの勝手な考えだけれど、こういう作品のメリットって、つまりはそういう所なのかな?と思ったり。
もちろん、しっかり繋げて面白く組み立てるのは大変かもしれないけれど。
散文と、そうでない詩、どちらも書いているわたしだけれど、この作品を読むと、こういうの書いてみたいなぁなんて思って、書き途中の作品置いておいて新しく書きはじめたりするけれど、なかなか上手くいかず、途中で止まって、また別の書いて〜ってやってると、あれ?何書きたいんだっけ、と悩んでしまう。
そういう時でも、なんでも、この作品を読むと詩っていいなって思える。オリジナルファイルを作るきっかけにもなった作品でもあって、とにかく好きな作品です、というお話でした。
それでは、行き当たりばったりの文章でしたが、今回はこれにて、
記念すべき1ページ目見開き部分の、『プロポーズ』の感想を終わりにします。

以下全文
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
『プロポーズ』
 
歩道橋が長すぎるので途中で諦めて、壊れた洗濯機の話をする。眼下を灯りのない貨物列車がいつまでも通り過ぎて行く。君は厚い眼鏡をハンカチで拭きながら熱心に相槌を打ってくれる。君の相槌の品揃えは、帝国ホテルのコンシェルジュみたいに完璧だ。僕の言葉は砂漠に降る雨のように、君の相槌に吸収されてしまう。だから僕は君の体内のどこかに、僕の名前を冠した瑞々しいオアシスがあるんじゃないかと常々思っているんだ。それにしても、今日に限ってどうも会話が食い違う。どうやら、僕は二槽式洗濯機について話しているのに、君の頭には全自動洗濯機しか浮かんでいないようなのだ。脱水槽が回転しない、という状況を理解させるのに、貨物列車が五本も通過していった。でもこの程度の食い違いは、君が眉間に皺を寄せて器量を損なうほど、深刻なことではないんだ。マーガリンとバターのように、片方を知らなければ、どっちがどっちでもいいような代物だ。そんな些細な錯誤はこの、長すぎる歩道橋に比べればたいした問題ではない。シェイプアップしたいの、と君が言うから、わざわざ歩道橋なんて前近代的な迂回路を選んだのはいいが、どうにも階段の数が多すぎはしないか。歩道橋の途中に自販機を置けばいいのに、という君の本末転倒な提案にも、そこそこの市場価値はあると思うよ。だけど、最初から踏切を渡れば良かった、なんて愚痴を言うつもりはない。君を見習って、これからは提案型の人生を送ろうと思ってるんだ。君は今、二槽式洗濯機の説明を求めている。説明なんて回りくどいことはやめにして、この際、結婚しようじゃないか。結婚して僕の洗濯機で、君が自分の下着を洗ってみれば、すべては一瞬に了解されるんじゃないか?だからさ、結婚しよう。僕が二槽式洗濯機の柔軟な使い勝手についてくどくど説明すれば、へえ、とか、ふーん、とか、むむむ、とか、君の相槌の訓練にはなるかもしれないが、最近わざわざ全自動洗濯機から二槽式洗濯機に買い換えた、うちの母親の気持ちは一生理解できないだろう。いや別に母親と同居してほしいと言ってるわけじゃないし、安易な文明化に警鐘を鳴らしているわけでもない。ましてや、洗濯と選択の掛詞で恋のボディーブローを狙ってる訳でもない。文明化、大いに結構。スローライフ、断固反対。ところで最近、やけに貨物列車が増えたと思わないか?気のせいなんかじゃなくて、実際に増えてるんだよ。この理由をくどくど説明すると、君のオアシスが溢れてしまうから止めておくけど、ほら、あそこに見えるのが越谷ターミナルだよ。あそこは、たくさんのコンテナがお迎えを待っている幼稚園みたいな所だ。そんな切ない場所だから、人目につかない田舎に貨物ターミナルはあるんだ。結局、僕が言いたいのは、この際、君の心を脱水槽に放り込んでしまったらいい、ってことなんだ。いつまで君は洗濯槽の中でぐるぐる回ってるんだ、ってことなんだ。そういえばこの間、眼鏡を縁なしに変えようか、なんて悩んでたよね。そんなの結婚しちゃえば、すぐ解決することだよ。ウェディングドレスに眼鏡は似合わないから、コンタクトにするしかないだろう?だから二人で二槽式洗濯機のある生活をしてみようじゃないか。踏切より歩道橋を選んでしまう君は、きっとすぐに気に入ると思うよ。でも、さっきも話したように、肝心の脱水槽が壊れているんだ。だから今しばらくは、君の体内のオアシスが枯れてしまわないように、遠回りするデートをこのまま、続けていくしかないと思ってるんだよ
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
| 15:01 | KKK | comments(4) |
| 1/1 |